金利の有利なフリーローンであなたの生活をサポートします!

金利の有利なフリーローンであなたの生活をサポートします!

Menu Close

Category: Uncategorized

ネット完結できるキャッシングが人気です

お金の準備がどうしてもできないときに、頼れる存在となるものが消費者金融のキャッシングです。キャッシングであれば簡単な審査を受けるだけで、担保などを用意しなくても融資を受けられるので便利なサービスとして認知されています。大手の消費者金融のキャッシングを使う場合であれば、駅前などで店舗を見つけることができますので、通勤の途中にも手軽に借り入れの手続きを行うことが可能です。インターネット上からも手続きが行えるものが増えていますので、店舗に行けない人であっても借り入れの申込みや振込み融資の依頼がしやすくなっています。

スマートフォンなどを持っていれば、消費者金融のホームページにアクセスをするだけで手軽にキャッシングを利用できるために人気となっています。振込み融資の方法であれば、ATMから現金を引き出すときとは異なり、手数料がかからない点もお得な理由として挙げられます。自宅に居ながらでも簡単に手続きができるために、家族に知られずに借り入れが出来る方法として人気です。

キャッシングするときに注意が必要な借入制限とは

消費者金融系のカードローンで借入するときには総量規制に注意する必要があります。総量規制とは2010年に行われた貸金業法の改正によって生まれた借入制限で年収の1/3までしか借りられないというものです。そのため専業主婦は消費者金融から借りることができなくなりましたし、派遣社員や契約社員、アルバイトの方が高額融資を受けることもできなくなりました。
一方で台頭してきたのが、総量規制対象外となる銀行カードローンです。銀行は銀行法によって運営しているため、総量規制の影響を受けません。そのため専業主婦やアルバイトの方でも満足する金額をキャッシングすることができるというわけです。はじめてキャッシングするという方であれば、銀行系のほうが安心できるでしょうし、金利面や総量規制の面でも優遇されているのでおすすめとなっています。中でもメガバンクが扱っているカードローンは金利が低く、使い勝手も良いので一度試してほしいサービスです。

キャッシングで虚偽の申告は避けましょう

キャッシング業者は、お金を貸す時に申し込み者の申告内容を確認しますが、それには信用情報機関に記録されている情報をチェックします。信用情報には、申し込み者の住所や名前などの基本的な個人情報をはじめ、勤務先や勤務年数などが詳しく記録されています。そのため、勤務先や勤務年数などはごまかしてもすぐに判明するので注意しましょう。また、審査では借入件数もチェックされ、一般的に3社以上から借入を行っていると、お金に困っている人と判断され審査に落とされてしまうことがあります。しかし、信用情報には消費者金融をはじめ、信販会社やクレジットカードなど全ての借入状況が記録されているため、少なく申請してもすぐにわかってしまいます。審査では嘘の申告が無いかどうか、非常に細かく確認されるので、虚偽を行うメリットはありません。さらに、虚偽の申告をした場合、カードの利用停止や契約の解除になってしまう事例もあるます。悪質な虚偽と判断された場合、賠償責任を問われる可能性もあるので、キャッシングの申し込みでは正確な申告を行いましょう。