キャッシング業者は、お金を貸す時に申し込み者の申告内容を確認しますが、それには信用情報機関に記録されている情報をチェックします。信用情報には、申し込み者の住所や名前などの基本的な個人情報をはじめ、勤務先や勤務年数などが詳しく記録されています。そのため、勤務先や勤務年数などはごまかしてもすぐに判明するので注意しましょう。また、審査では借入件数もチェックされ、一般的に3社以上から借入を行っていると、お金に困っている人と判断され審査に落とされてしまうことがあります。しかし、信用情報には消費者金融をはじめ、信販会社やクレジットカードなど全ての借入状況が記録されているため、少なく申請してもすぐにわかってしまいます。審査では嘘の申告が無いかどうか、非常に細かく確認されるので、虚偽を行うメリットはありません。さらに、虚偽の申告をした場合、カードの利用停止や契約の解除になってしまう事例もあるます。悪質な虚偽と判断された場合、賠償責任を問われる可能性もあるので、キャッシングの申し込みでは正確な申告を行いましょう。